クリアネオ 使い方

クリアネオの正しい使い方

 

 

 

クリアネオはワキガやスソガはもちろん
チチガや足の臭い対策にも有効です。

 

 

 

しかし、正しい使い方をしないと効果は半減してしまいます。

 

 

せっかく購入しても無駄な使い方をしないように
効果のある使い方を解説しようと思います。

 

 

 

クリアネオを使うときの注意点

 

クリアネオを使うときに注意すべき点はまずは塗る場所の水分をよくふき取っておくということです。

 

濡れた状態や汗が残っている状態ですとそれらの水分がバリアの役目をしてクリームが直接当該部分へ行き届かないということになってしまいます。

 

ですので共通の注意点として水気はきちんとふき取るようにしましょう!

 

無添加なので子供でも使えますが使うときは親御様がきちんと指導すてくださいね。

 

 

クリアネオを脇に使う場合

 

ワキガ対策でこちらの商品を購入される方が多いのではないでしょうか。
なのでまずは脇に対してどのように塗ったら効果的か解説していきたいと思います。

 

一般的な使う量は出かける前に片脇に2プッシュづつです。
夜に片脇1プッシュづつ塗ります。

 

つまり朝、脇に2プッシュづつ。夜、脇に1プッシュづつで合計6プッシュ使うのが一般的です。

 

ニオイのもとになる汗を分泌するアポクリン腺が集中しているのでしっかりと塗り込みます。
付属の「毎日のニオイ対策ガイド」というブックレットには脇に円を描くように塗るように書いてありました。

 

 

 

夜にも塗るというのは雑菌が寝ている間に
繁殖するのを防ぐ意味合いがあります。

 

 

これが基本的な使う量ですが、ニオイが気になる方は
さらに1プッシュづつ足していってもいいと思います。

 

逆にワキガの程度が軽いようでしたら
夜はなしにして朝のみでも大丈夫な可能性もあります。

 

 

そうすればクリアネオの消費量を減らして節約できますよね♪

 

 

クリアネオをデリケートゾーンに使う場合

 

粘膜には塗れません。

 

アポクリン腺は陰毛に沿ってあるので陰毛の生えている部分に塗っていくのが効果的です。

 

 

クリアネオを乳首に使う場合

 

乳首付近にもアポクリン腺はありますので乳首が臭ういわゆる「チチガ」というもので悩んでいる女性も多いと思います。

 

こちらはきちんと水分を拭いてから乳輪付近に塗っていきます。

 

 

顔に使えるのか?

 

顔にも使うことはできます。

 

しかし、こちらも目や口などの粘膜付近は使わないように注意が必要です。

 

 

おへそ周り

 

おへそには雑菌がたまりやすく嫌な臭いが発生する可能性が高い場所です。
自分ではわからなくても彼氏とエッチの時などは相手が臭いと感じるかもしれない箇所です。

 

 

足の臭い

 

足臭にも使えます。
足の指や爪にもしっかりと塗り込みます。

 

足の場合は水虫などになっていていろんな雑菌や白癬菌などもいるかもしれないので極度の足臭の方は皮膚科に行ってみることをおすすめします。

 

 

手の平

 

手の平はニオイというよりも制汗を求めている方が多いのではないでしょうか?
こちらも軽度の汗ならクリアネオで対応できますが、多汗症など深刻な手汗の方はやはり専門のクリニックなどで診てもらう事が重要です。

 

 

スポーツなどで汗をかいた場合はどうすればいい?

 

汗を大量にかいたときはクリアネオも流れ落ちやすくなっています。

 

なので、ニオイがまわりに感じられてしまう可能性も高くなりますので塗りなおしが必要です。

 

しっかりと汗や水分をふき取ってからクリアネオを塗りなおしましょう。